プラスチック製のハンコはどうか。

イメージ画像

プラスチック印についての事情をお話ししたいと思います。
プラスチック印というのは、大変安いですね。
三文判でもプラスチック製の物が出回っているようです。
プラスチックですからいろいろな色で作ることができるので、たとえば黒水牛に似せて作ることもできるようです。

でも登録用の印鑑などには向かないようです。

【印鑑お急ぎの方必見!ハンコヤドットコムのYahoo店です】
印鑑・はんこなど、日本最大級のはんこ販売専門店[ハンコヤドットコム]のYahoo!ショッピング店です。

その理由の第一は、欠けやすいということです。
もろいのです。
落としたりぶつかったりしたとき、ポロっといってしまう。
欠けてしまうと、欠け方にもよりますが、同じ印鑑であるという証明ができなくなってしまうのです。

やはり印鑑は丈夫でなくてななりませんね。

ところで最近は強化プラスチックという、合成素材が出始めていて、鉄よりも強固だとうたい文句にしているものもあるようです。
そういうものはどうかな、印鑑に利用されてはいないのかな、と検索しながら探しているのですが、印鑑ケースに利用されることがありますが、印鑑そのものに利用されることが無いようです。
どうしても見当たりません。

普通の安いプラスチックは安い三文判に利用されるのに、強化プラスチックは印鑑に利用されていません。
多分合成繊維室なので、細かい彫ができないのでしょう。

【実印を通販で購入するならインターネット通販No.1のハンコヤドットコムへ】
実印は印鑑登録をして使用するので戸籍上の文字を【フルネーム】彫刻します。

それにプラスチックは朱肉など油の染み込みで劣化しもろくなる性質があるようです。
やはりプラスチックは三文判までしかないのでしょうね。
木製に良く似たプラスチック製というのもありますが、プラスチック製のような光沢のある木製というのもあります。
その方が遥かに高級感があり、美しく、丈夫ですね。

このページの先頭へ